親なき後対策

ここでは「3つの方法」をご紹介しています。

(記事は少しづつ追加していきます)

 

 

1)「福祉型家族信託」

2)「遺言による負担付き遺贈」

3)「遺言による信託」

 

 

読んでいただけるとお分かりになりますが、「後見制度」や「任意後見制度」の併用についても触れています。3つではなく、実は5つの方法の組み合わせになっています。

 

それぞれのリンク記事にて、「3つの方法」についての概略説明とメリット、デメリットをあげておきました。あくまでも概略になりますので、ご興味がおありの方は是非、メールにてご連絡ください。